読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になりだした加齢臭を除去する良い方法は?

朝起きたら何か臭う、枕からもニオイがする。これが加齢臭か!? 街中や電車等でニオイのきつい人を見かけますが、自分のニオイには気付きにくいものです。 周囲の人に不快な思いをさせないためにも何とかしなくては! ここでは、加齢臭の予防やニオイの除去などを紹介したいと思います。

加齢臭がきついと糖尿病の疑いがあるって本当?

 

加齢臭と糖尿病のニオイの違い 

 

加齢臭は加齢と共にどうしても出てきてしまうものです

から、ちんとケアすることで周りの人たちに不快な思い

をさせないようにしないといけませんよね。 

自分でも最近ニオイがきついなと感じたり、家族から

ニオイがきつくなったといわれるときはニオイの感じ方

に注意してください。 

加齢臭のニオイは、古い油、チーズ、ろうそく、古本

などのようなニオイで例えられますが、甘酸っぱい

ニオイがする場合は糖尿病の可能性があるかです。 

 

加齢臭の原因は、皮脂腺の中で脂肪酸と過酸化脂質が

反応することで発生するノネナールと呼ばれる物質です。 

糖尿病は、糖分を分解するインスリンと呼ばれる

ホルモンが不足することで起こります。 

インスリンが不足すると糖分を分解してエネルギーを

作り出せなくなるため、代わりに脂肪を分解して脂肪酸

をつくり、この脂肪酸からエネルギーを作り出すように

なります。 

この時に、ケトン体と呼ばれる物質が発生し、ケトン体

が血液を通して全身を循環することで甘酸っぱいニオイ

が体臭として出てくるのです。 

このように、別々の原因でニオイが発生します。 

 

f:id:piyotakun:20170303163452j:plain

 

糖尿病になると、加齢臭のニオイと糖尿病のニオイが

混じることでニオイがきつくなったと感じるようになり

ますし、加齢臭のニオイとは異なる甘酸っぱいニオイが

するようになるのです。 

 

加齢臭のニオイと共に甘酸っぱいニオイがするようでし

たら、糖尿病の可能性があるので病院で診察を受ける

ことをお勧めします。 

 

 

糖尿病の治療と加齢臭 

 

糖尿病により加齢臭のニオイがきついと感じられている

場合は、まずは糖尿病の治療をきちんと行うことが

先決です。 

 

とはいえ、糖尿病は完治し難いことでも知られています

ので、加齢臭のニオイをそのままにしておくこともでき

ませんよね。 

糖尿病の治療をきちんと続けながら、加齢臭と糖尿病の

ニオイをケアしていきましょう。 

加齢臭のニオイ対策にもありますが、体を清潔に保つ

ことが重要です。 

朝お風呂に入ることで体を清潔にしたり、汗をかいたら

こまめに拭いたりすることでニオイを抑えるようにしま

しょう。