読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になりだした加齢臭を除去する良い方法は?

朝起きたら何か臭う、枕からもニオイがする。これが加齢臭か!? 街中や電車等でニオイのきつい人を見かけますが、自分のニオイには気付きにくいものです。 周囲の人に不快な思いをさせないためにも何とかしなくては! ここでは、加齢臭の予防やニオイの除去などを紹介したいと思います。

加齢臭とお酒の関係は?飲酒でニオイがきつくなる?

 

飲酒で加齢臭がきつくなる! 

 

仕事終わりの一杯や風呂あがりの一杯は格別ですよね。 

お酒を一人で楽しんだり、みんなで楽しむのも良い

ですね。 

お酒を飲んで楽しむことでストレスの発散にもつなが

ります。 

「酒は百薬の長」と言われるほどで、適量のお酒は体

にも良いと言われています。 

適量のお酒であれば加齢臭についても心配しなくても

大丈夫です。 

 

しかし、過度の飲酒は二日酔いをはじめ体に害を及ぼ

すことになり、加齢臭もきつくなってしまいます。 

 

摂取されたアルコールは肝臓で代謝されてアセトアル

デヒドという物質に変わります。 

アセトアルデヒドはほとんど尿として排出されますが、

体内に残ったものが血液に乗って全身を巡り、汗と

一緒に排出されることで体臭になります。 

 

アルコールを摂取すると血管の拡張や体温調節中枢に

影響を与え汗腺の活動が活発になり発刊量が増加

します。 

アセトアルデヒドは強い刺激臭がするため、アセトア

ルデヒドが含まれた汗はニオイがきつく、アルコール

の作用により発刊量が増えることで体臭がきつくなる

のです。 

このきつい体臭が加齢臭と混ざることで、加齢臭を更

にきついと感じさせることになってしまうのです。 

 

f:id:piyotakun:20170411172547j:plain

 

また、飲酒により摂取されたアルコールは肝臓で代謝

されアセトアルデヒドが発生するのですが、その代謝

を行うために大量の酸素が消費されることで活性酸素

も発生することになるのです。 

 

加齢臭の原因はノネナールと呼ばれる物質です。 

ノネナールは、脂肪酸と過酸化脂質が反応することで

発生します。 

過酸化脂質は、体内の脂質が活性酸素により酸化する

ことで発生するため、活性酸素が増えることで加齢臭

のニオイがきつくなってしまいます。 

 

こうしたことから、過度の飲酒は加齢臭のニオイをき

つくしたり、きついと感じさせることにつながってし

まうのです。 

 

 

お酒を楽しみながら加齢臭を抑える 

 

楽しく適量のお酒をいただくことは体にも良いので

すが、加齢臭が気になる方もみえるのではないで

しょうか。 

 

飲酒により発生する活性酸素が過酸化脂質を増やさない

ようにするには、抗酸化力を高めることが重要です。 

そのためには、抗酸化作用の高いビタミンCやビタミ

ンE、カテキンポリフェノール、βカロテンなどの

栄養素を含んだ食材を摂取するように心がけてくだ

さいね。 

 

お酒であればポリフェノールが豊富な赤ワインやウイ

スキーを選んだり、脂質が多い脂っこいおつまみは避

けるようにしましょう。 

 

適量のお酒は「百薬の長」ということで、過度な飲酒

にはご注意くださいね。