読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になりだした加齢臭を除去する良い方法は?

朝起きたら何か臭う、枕からもニオイがする。これが加齢臭か!? 街中や電車等でニオイのきつい人を見かけますが、自分のニオイには気付きにくいものです。 周囲の人に不快な思いをさせないためにも何とかしなくては! ここでは、加齢臭の予防やニオイの除去などを紹介したいと思います。

加齢臭は入浴することで予防できますよ!

 

入浴による加齢臭予防 

 

加齢臭を予防するためには、体を清潔に保つこと、が

重要であるという話をよく聞きますよね。 

体を清潔に保つのに手っ取り早い方法は入浴すること

です。 

 

加齢臭や体臭が気になる方は特に、毎日お風呂に入っ

て体を清潔にするようにされていると思います。 

毎日お風呂に入っているのに、それでも加齢臭が気に

なるという方もみえると思います。 

その場合、シャワーだけで入浴を済ませていたり、

烏の行水で済ませてはいないでしょうか。 

 

入浴の際は、しっかりと湯船に浸かって体を温め、

汗をかくことが重要なのです。 

しっかり湯船に浸かって体を温めて汗をかくことで、

毛穴が開いて老廃物や皮脂などの汚れが落ちやすくな

り、肌を清潔に保つことができるのです。

 

 

入浴の仕方と体の洗い方 

 

お湯の温度は40~42度が一般的です。 

ぬるめのお湯でないと入浴できないといわれる方は、

汗をかくことが重要なのでぬるめのお湯で少し長めに

湯船に浸かって汗をかくようにしてください。 

 

f:id:piyotakun:20170412193642j:plain

 

湯船に浸かることが苦手だという方は、半身浴がおス

スメです。 

半身浴は半身だけぬるめのお湯に浸かり、時間をかけ

て入浴することで体が温まり、汗をしっかりとかくこ

とができます。 

半身浴は腰からみぞおち辺りまでお湯につかり、胸か

ら上は浸かりませんので、のぼせずに長時間入浴して

いられるのです。 

 

入浴することでしっかりと汗をかきますから、入浴の

前後にはしっかりと水分を補給してくださいね。 

 

体を洗う際には、加齢臭が気になるからといって、

ゴシゴシと強く洗うことは厳禁です。 

お湯に浸かってふやけた皮膚は傷つきやすく、強く

洗うことで皮膚が傷つくとそれを守るため余計に皮脂

を作ります。 

これが加齢臭をきつくする原因になってしまいます。 

 

加齢臭を予防する体の洗い方は、入浴して体を温め毛

穴が開いて汗をかいてから、石鹸を良く泡立てて優し

く体を洗うようにしてください。 

また、加齢臭の出どころになりやすい、耳の後ろ・

首の後ろ・胸・脇・背中などは洗い忘れがないように、

特に気を付けてくださいね。