読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になりだした加齢臭を除去する良い方法は?

朝起きたら何か臭う、枕からもニオイがする。これが加齢臭か!? 街中や電車等でニオイのきつい人を見かけますが、自分のニオイには気付きにくいものです。 周囲の人に不快な思いをさせないためにも何とかしなくては! ここでは、加齢臭の予防やニオイの除去などを紹介したいと思います。

加齢臭の原因は酸化することにあるのです!

 

酸化を抑えて加齢臭を予防する! 

 

加齢臭は体が酸化することで発生します。 

 

酸化ときくと、鉄が錆びつく、赤茶色に変色してボロ

ボロに脆くさせることが想像しやすいと思います。 

体も酸化により錆びつくことで老化していくというわけ

ですね。 

 

老化を認めたくはないのですが、加齢とともに加齢臭

が発生するのは事実です。 

加齢臭は若い年代では気にならなかったものが、40歳

くらいになると加齢臭が発生しニオイが気になりだし

ます。 

 

体が酸化することで加齢臭を発生させる、というのは

どういうことなのでしょうか。 

加齢臭のニオイの原因はノネナールと呼ばれる物質

です。 

ノネナールは、活性酸素により皮脂に含まれる脂肪酸

と過酸化脂質が酸化反応することで発生します。 

また、過酸化脂質は体内の脂質が活性酸素と反応する

ことにより発生するものです。 

活性酸素が体を酸化させることにより、加齢臭を発生

させる原因になっているのです。 

 

それでは、体を酸化させる活性酸素は不要なものか、

というとそうではありません。 

活性酸素には体内に入り込んだ細菌を攻撃する役割が

あるため、不要な存在というわけではないのです。 

加齢臭の予防には、活性酸素が体を酸化させることに

対処することが重要なのです。 

 

f:id:piyotakun:20170414190035j:plain

 

活性酸素による体の酸化は以前からも起こっていたは

ずですよね。 

どうして加齢臭は40歳くらいから発生するのでしょ

うか。 

 

実は、私たちの体内には、活性酸素の酸化から身を

守る抗酸化力があるのです。 

この抗酸化力は抗酸化酵素によるものなのですが、

抗酸化酵素は40歳くらいから減少していきます。 

抗酸化酵素が減少し、抗酸化力が低下することで

加齢臭が発生することになるのです。 

 

体内の抗酸化力の低下が、加齢臭の発生原因になって

いるので、抗酸化力を高めることが加齢臭の予防につ

ながります。 

そのためには、体内に抗酸化物質を取り入れ、抗酸化力

を高めることが重要になります。 

 

抗酸化物質とは、ビタミンCやビタミンE、カテキン

ポリフェノール、βカロテン、クエン酸、などのこと

です。 

これらの抗酸化物質を日常の食生活で取り入れて、

活性酸素による酸化を抑え、加齢臭を予防するように

しましょう。