読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になりだした加齢臭を除去する良い方法は?

朝起きたら何か臭う、枕からもニオイがする。これが加齢臭か!? 街中や電車等でニオイのきつい人を見かけますが、自分のニオイには気付きにくいものです。 周囲の人に不快な思いをさせないためにも何とかしなくては! ここでは、加齢臭の予防やニオイの除去などを紹介したいと思います。

加齢臭を手術で抑えることができるのか?

 

加齢臭に効果のある手術 

 

加齢臭に悩む方には、臭いを元から取り除きたいと考え

られる方もみえるのではないでしょうか。 

加齢臭を抑える方法として手術を行うという選択肢も

あるのです。 

 

加齢臭を発生させる原因はノネナールと呼ばれる物質

です。 ノネナールは皮脂腺の中で脂肪酸と過酸化脂質

が反応することで発生します。 

加齢臭を抑える手術は、脂肪腺を除去する手術に

なります。 

 

加齢臭に効果のある手術にはどのようなものがあるのか

見ていきたいと思います。 

 

 

手術方法の種類 

 

加齢臭の手術と聞くと何だろうと思いますが、手術とし

てはワキガを治療するものと同じものになります。 

 

脇にはアポクリン腺とエクリン腺と呼ばれる汗腺が

あり、ワキガはアポクリン腺から出る汗が原因です。 

この汗が、脇にいる細菌によって分解されることで

ニオイが発生するのです。 

 

ワキガの手術は、アポクリン腺、エクリン腺、脂肪腺と

いった原因となる組織を除去するものです。 

加齢臭の原因の元となる脂肪腺を除去するということ

で、ワキガの手術と加齢臭の手術が同様のものとなる

のです。 

手術には、外科手術、超音波手術、レーザー手術などが

あります。 

 

f:id:piyotakun:20170228180307j:plain

 

外科手術は、切除法、剪除法、吸引法などがあり、

脇の下を切開して原因組織を切除する方法です。 

手術の際に見落としてしまった脂肪腺があった場合

には、そこから再発する可能性がありますが、

多くの場合は加齢臭の抑制効果が認められます。 

 

超音波手術は、超音波で脂肪腺などを破壊し、吸引する

方法です。 

外科手術に比べて、手術跡は小さく目立ちませんが、

脂肪腺などを完全に除去することが難しく再発する

可能性があります。 

 

レーザー手術は、切開の必要がなく負担が少ない治療

ですが、数回施術を受ける必要があり、外科手術よりは

効果が劣ります。 

 

 

加齢臭を手術で治療する前に 

 

ここで見てきた加齢臭を抑える手術は、脇を対象に

行われるものです。 

加齢臭の出どころは脇だけではないので手術で治療する

ことで全てが解決するわけではありません。 

もちろん、もともとワキガで悩んでいた方で、加齢臭

にも影響している場合には効果的だと思います。 

 

手術にはメリットがありますが、費用がかかることや

手術跡などのデメリットもあります。 

手術を考えられる方は、一度病院で診察を受けて加齢臭

の治療として手術が必要か否かを相談されることを

お勧めします。